-- --/--

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ランキングに参加しています。よかったら応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ     にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ           
いつもありがとうございます。
27 02/2015

紡ぎながら編む

Knittingトラックバック:0コメント:0
お久しぶりの更新です。



ヒツジパレットのスピンドルスピニングのワークショップに参加してから、
糸紡ぎ熱が再燃し、ぼちぼち紡いでおります。

現在は、アナンダで購入した、スコットランドファインの トップを紡ぎ中。
今回は、紡ぐ→アンデスプライ→双糸に→編む の繰り返しで
ニット帽を編んでます。

紡ぐ方は、ワークショップで教えていただいたポイントに気をつけて、
以前に比べると均一の太さに紡げるようになってきました。
双糸にして、市販の中細くらいの太さかなあ。
さすが手紡ぎの毛糸、軽くて柔らかくて手触りがとてもいいです。

今回の羊毛は、若干臭いがあります。
ぬめりもあって、気のせいかちょっと油っぽい感じもあるので
編み上がったら洗おうと思ってマス。

しかし、写真で見ると、特にかぶり口のゴム編みが斜行してますね…
たぶん、最初に紡ぐ時の撚りが強く
双糸にする時の撚りが甘いのでは…という予想。
双糸にしたあと、いったん撚り止めをすればいいのでしょうが、
面倒だし…
ワークショップの先生も撚り止めしなくても大丈夫って言ってたし…
本体は斜行しても分からないパターンを選んだのですが(笑)
ゴム編みはごまかせませんでした…

そして、やっぱり糸の太いところ・細いところがあるからか、
編み地も均一ではないなあ。
まだまだ修行せねば。


スポンサーサイト

↓ランキングに参加しています。よかったら応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ     にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ           
いつもありがとうございます。

テーマ:こんなのどうでしょうか? - ジャンル:趣味・実用

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。