-- --/--

スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓ランキングに参加しています。よかったら応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ     にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ           
いつもありがとうございます。
15 12/2015

紡いで編んで その7

spinningトラックバック:0コメント:0
結局、紡ぎ車で紡ぎました。

ふんわりローラッグから。
羊毛の引き出し方は
スピンドルでの紡ぎと同じようにして紡いだら
だいたい同じような糸になりました。


羊毛の引き出し方は、この動画と似てます。

ロングドローのように塊でひきだし伸ばすというよりは
撚りを少しずつ伝えながら
細く羊毛を引き出す、という感じ。
これもロングドローの一種なんでしょうか…?

しかし、トップの羊毛を混色しただけのローラッグだからか
意識して撚りを強めにしないと
するする抜けて糸が切れる~
もう少し繊維がからむように紡ぎたいんだけどなあ。

14501357926551.jpg

単糸。
太さはまあ、だいたい予定どおりです。
糸の表面は毛羽が少なく割とするっとしてます。

理想はもう少しふわっと軽い毛糸なんですよね。
ロングドローのやり方の問題かと思ってましたが
ローラッグの作り方の問題かしら…
次回はそのへんを実験したい。
とりあえず、この単糸を双糸にして
セーターの身頃を編み終えたいです。

何より、紡ぎ車だと一度にたくさん紡げるので
糸長の長い毛糸ができてうれしい。
編むときは、なるべく糸替えが少ない方がいいので…

ところで、こちらの記事で試行錯誤した
「紡ぎ車がスムーズに回らない問題」
ですが、
シリコンスプレーで改善したものの、
昨夜紡いでるとやっぱり何だか重い気がする。

で、ふたたびよーーーーーく観察。

14501357921880.jpg
やはりこの部分の調整が問題のよう。

ぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐりぐり
いろいろ向きを変えてみたところ
劇的にスムーズな動きに…!!

20151215-1.jpg
(今回も手書きの絵ですみません)
この絵はかなり大げさに書いてますが
要するにボビンをはめているパーツの向きが曲がっていたせいで
ホイールからのベルトがまっすぐかからず
フライヤーにこすれていたようです。

20151215-2.jpg
このように調整すると、抵抗がなくなり
快適な紡ぎに。
がぜん調子が出てきて、夜中遅くまで紡いでしまいました(笑)

ただ、この紡ぎ車ダブルドライブなので
ボビンをはずす時にベルトをはずし
例のパーツをねじってフライヤーごとはずすんですよね。
なので、ボビンの付け替えの時いちいち調整が必要。

それも面倒なので
ねじるパーツと台座に、油性ペンで印をつけました。
印を合わせれば、まっすぐにボビンがセットできます。
買ったばっかりの紡ぎ車に油性ペンは
ちょっと勇気いりましたが
これで本当に快適に紡げそうです。

スポンサーサイト

↓ランキングに参加しています。よかったら応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ     にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ           
いつもありがとうございます。

テーマ:こんなの作りました♪ - ジャンル:趣味・実用

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。